「iPad mini Retinaディスプレイモデル」をモバイルWi-Fiルーターとして連続使用した際のバッテリー駆動時間は18時間以上

以前に「iPad Air」のWi-Fi+Cellular版はモバイルWi-Fiルーターとして続けた際のバッテリー駆動時間は24時間を超える事が分かったとお伝えしましたが、本日、Anandtechが、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」のWi-Fi+Cellular版でも同様のテストを行った結果を公開しています。

なお、両モデルのバッテリーの容量は「iPad Air」が32.4Whなのに対し、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」は23.8Whと約27%小さくなっているのですが、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」では18時間以上連続で利用可能である事が分かりました。

(image source:Anandtech)

【関連エントリ】
 ・「iPad Air」でパーソナルホットスポット機能のみを使用した際のバッテリー駆動時間は24時間以上

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200