JR山手線での「iPhone 5c」のパケ詰まり及びWEB表示時間の調査、SoftBank版が優勢に

本日、MMD研究所が、docomo、au、SoftBankの3社から発売された「iPhone 5c」にてR山手線パケ詰まり調査を2013年9月24日~27日と9月30日の平日5日間にて実施した調査結果を発表しています。

同調査は山手線の新宿・池袋・渋谷・東京・品川・新橋のホーム・改札付近の6駅12スポットにて、通勤・帰宅ラッシュ時に「Yahoo!Japan」のトップページが完全に開くまでの表示時間を計測したもので、今回の調査結果によると、SoftBankの「iPhone 5c」が最もパケ詰まり回数が少なく1200回調査中12回(1.0%)、2位は「au」で1200回中28回(2.3%)、そしてパケ詰まり回数が最も多かったのはdocomoで、1200回調査中161回(13.4%)になったそうです。

(source:MMD研究所)

また、MMD研究所は6月にも同じ条件で調査を行っており、その時に比べSoftBank、au共、パケ詰まりは改善されているとのこと。

なお、MMD研究所が公開した調査結果には、「Yahoo!Japan」のトップページが表示されるまでの時間の調査結果も掲載されているので、是非ご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200