「iPhone 5s」のアプリクラッシュ率は「iPhone 5/5c」より2倍高い事が明らかに

スマホアプリのクラッシュログ解析サービスを提供しているCrittercismの報告によると、「iPhone 5」や「iPhone 5c」より「iPhone 5s」の方がアプリのクラッシュ率が高い事が分かりました。


「iPhone 5」と「iPhone 5c」のアプリクラッシュ率は1%未満であるものの「iPhone 5s」は約2%だったようで、これには「iPhone 5c」の内部は「iPhone 5」とほとんど同じであるものの、「iPhone 5s」は新しい64bitのA7プロセッサやM7コプロセッサを搭載している事から開発者が新しいハードウェアで事前にテスト出来なかった為とみられています。

なお、新しいハードウェアやOSがリリースされた際にクラッシュ率が高くなることは良くある事であり、時間とともに解決されるとのこと。

[via AllThingsD

【関連エントリ】
 ・「iOS 7」で「iWork」利用時に「BSOD (ブルースクリーン)」になるバグが見つかる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200