人気RSSリーダーアプリ「Reeder」が今後の計画を発表し、iPhone版を無料化

本日、iOS/Mac向け人気RSSリーダーアプリの「Reeder」が、7月1日の「Googleリーダー」のサービス終了後の計画などを発表しています。


まず、「Reeder」のiPhone/iPad/Macの3バージョンともメジャーアップデートが行われる予定ですが、7月1日に間に合わないそうです。

しかし、本日よりiPhone版を無料化し、次期バージョンの「Reeder for iPhone 3.2」を既にApp Storeに申請済みで、「Reeder for iPhone 3.2」では「Googleリーダー」に代わるものとして「Feedbin」「Feedly」「Feed Wrangler」「Fever」をサポートし、更にGoogleリーダーなどのアカウントがなくてもRSSの取得が可能なスタンドアローンなローカルRSSもサポートするそうです。
(FeedbinとローカルRSSはver3.1で対応済み)

次に、iPad版とMac版に関しては上記の代替サービスをサポートする方向で進めているもののメジャーアップデート版としてリリースする予定で、現在提供しているiPad版とMac版は7月1日をもって動作しなくなってしまう事から提供を終了する予定とのこと。

なお、今回の発表を簡単にまとめると下記の通り。

【iPhone版】
・Googleリーダー以外のRSSサービスなどに対応した”バージョン3.2″をAppleに申請中で、”バージョン3.2″にアップデートする事で7月1日以降も継続して利用可能

【iPad版とMac版】
・現バージョンでのGoogleリーダー以外のRSSサービスへの対応を見送り、新しいメジャーアップデート版を開発中
・7月1日以降は動作しなくなり、公開停止へ

【新しいReeder】
・iPhone/iPad/Macの全てのバージョンが開発されているものの、7月1日には間に合わない

以上の事からiPad版とMac版を利用しているユーザーは、メジャーアップデート版がリリースされるまでは一時的に他のアプリに移行する必要があります。

Reeder
価格:無料 (記事公開時)



Reeder for iPad
価格:無料 (記事公開時)



Reeder
価格: 無料



【関連エントリ】
 ・iPhone向け人気RSSリーダーアプリ「Reeder」がローカルRSSやFeedbinに対応
 ・人気RSSリーダーアプリ「Reeder」のiPad版とMac版が無料配信中

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200