「Windows 8.1」を搭載した世界初の7インチタブレットのデモ動画

先日、Acerが世界初となる8.1インチの「Windows 8 Pro」搭載タブレット「Iconia W3」を正式に発表しましたが、Neowinによると、台湾のInventec社が開催中の「Computex 2013」にて世界初の7インチの「Windows 8.1」搭載タブレットのリファレンスデザイン「Lyon」を披露したそうです。

実際に動かしている様子を撮影したのが下記動画で、「Lyon」のスペックは1280×800ピクセルの7インチIPSディスプレイや1.66GHzのIntel製プロセッサ、2GBのRAMを搭載し、ストレージ容量は64GBもしくは128GBが用意されるとのこと。


また、バッテリー駆動時間はビデオ再生時で3.5時間となっており、今後のハードウェア及びドライバーなどの調整によりもう少し改善出来る見込みがあるそうです。

なお、このタブレットはInvente社が開発したリファレンスデザインとなる為、PCのOEMメーカーがこのリファレンスデザインを採用したタブレットを発売するものとみられています。

[via Neowin

【関連エントリ】
 ・Microsoft、小型の「Windows 8」搭載タブレットには「Office 2013」を標準搭載へ
 ・Acer、「Windows 8」を搭載した初の8インチタブレット「Iconia W3」を正式に発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200