Apple、今年9月に「iPhone 5S」と「ローコスト版iPhone」を、来年4〜6月に「大画面版iPhone」を投入か?!

VMware Fusion 8.5

EMSOneによると、大和証券のアナリストである呂家霖氏が、Appleは2013年第3四半期(7〜9月)から2014年第2四半期(4〜6月)にかけてタイプの異なる計3モデルの「iPhone」を投入するとの見方を明らかにしたそうです。


3つのモデルとは、フラッグシップモデルの「iPhone 5S」、ミドルレンジの「ローコストモデル」、「大画面モデル」の3つで、「iPhone 5S」と「ローコストモデル」は2013年9月、「大画面モデル」は2014年第2四半期に投入されるとみられています。

なお、予てから噂されている廉価版iPhoneについては、ローコスト版になるとみており、販売価格は450USドル前後と市場が予想しているほど安い水準にはならないと予想しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で