Samsung、偽Apple Storeを造りアンチAppleなCMを撮影へ

過去にSamsungは「Galaxy S II」のCMキャンペーンでAppleの「iPhone」を揶揄する内容のCMを放映していたのですが、The Vergeによると、SamsungがまたアンチAppleな内容の新CMを計画している事が分かったそうです。

Samsungはその新CMの撮影に向け偽のApple Storeを造って準備しているようで、偽Apple Storeの中にはMacやiOSデバイスの他にジーニアスバーのスタッフ風の人物が写ったポスターやアプリのアイコンを使用した店頭ディスプレイなども用意されています。



なお、このSamsungの新CMが「iPad」をターゲットとしているのか、「次期iPhone」をターゲットとしているのかは現時点では分からないようです。

また、The Vergeには上記以外の画像が掲載されていますので、そちらも是非どうぞ。

【関連エントリ】
 ・Samsung、「Galaxy S III」のCMでは「iPhone」との比較を止める
 ・Samsung、スーパーボウルの中継においてAppleを揶揄する内容のCMを放映
 ・Samsungがまた「iPhone」を揶揄した「Galaxy S II」の新CMを公開
 ・Samsung、「iPhone」は"古臭い"

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で