触覚タッチ式の音量ボタンと電源ボタンを搭載した「iPhone 15 Pro Max」の試作機の写真が登場

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
触覚タッチ式の音量ボタンと電源ボタンを搭載した「iPhone 15 Pro Max」の試作機の写真が登場
via Apple Insider

Apple Insiderが、Appleの「iPhone 15 Pro Max」の試作機の写真を独占的に入手したとして公開しています。

その「iPhone 15 Pro Max」の試作機は「Engineering Validation Test (技術検証試験)」段階のもので、デバイス識別子は「D84」、プロジェクトコードネームは「Veyron」と呼ばれていたそうです。

また、「Project Bongo」というコードネームで呼ばれていた触覚タッチ式の音量調節ボタンと電源ボタンが搭載されているのが特徴で、触覚タッチ式のボタンを搭載した最後の試作機となっており、触覚タッチ式ボタンのプロジェクトは2023年4月初旬の時点で突然廃止された模様。

触覚タッチ式の音量ボタンと電源ボタンを搭載した「iPhone 15 Pro Max」の試作機の写真が登場
via Apple Insider

この触覚タッチ式のボタンは押すと動くように見える為、従来の機械式ボタンと少し似ており、デバイスの電源が入っている場合は両ボタンとも押すたびにクリック音と共に触覚フィードバックを返す仕組みとなっています。また、圧力が加えられた時とボタンを放した直後に触覚フィードバックを生成することから、Appleは機械式ボタンと同じようなフィードバックとノイズに似せようとした可能性があり、基本的にMagic Trackpadと同じように機能するとのこと。

さらに、バッテリー残量が僅かでもある限りは電源がオフになっている時でも動作し、触覚フィードバックを提供する仕組みで、同ボタン向けの専用のファームウェアには「ディープスリープ」モードに関する言及もあることから、デバイスの電源が切れた場合や長時間非アクティブになった際に起動し、ボタンが動作するような対策が考えられていたものと予想されます。

なお、このボタンのプロジェクトがなぜキャンセルされたのか正確な理由は不明ですが、未解決の技術的な問題と満足のいくテスト結果が得られなかった為、中止されたと言われています。キャンセルされる前は同ボタンは「iPhone 16」シリーズでは全てのモデルに搭載される予定だったそうです。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次