「Apple Watch Series 10」は大画面と薄型化と新チップが特徴に

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
「Apple Watch Series 10」は大画面と薄型化と新チップが特徴に

BloombergのMark Gurman氏が毎週日曜恒例のニュースレター「Power On」の最新号において、Appleの次期Apple Watchこと「Apple Watch Series 10」に関する最新情報を報告しています。

「Apple Watch Series 10」のコードネームは「N217」と「N218」と呼ばれており、より大きなディスプレイを搭載し、より薄くなる予定とのこと。

これにより「Apple Watch Series 10」の購入者は「Apple Watch Ultra」に搭載されているもの(1.9インチ)と同程度の大きさのディスプレイを選択出来るようになるが、次期Apple Watch Ultraこと「Apple Watch Ultra 3」については次期モデルも大きなデザインの変更はないそうです。

また、「Apple Watch Ultra 3」と「Apple Watch Series 10」は同じ新しいチップを搭載するようですが、Appleが以前から開発していると噂されている高血圧や睡眠時無呼吸症候群を検出する機能は両モデルで搭載されるのかどうかはまだ不透明なようです。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次