Apple、複数の機能強化とバグ修正を含んだ「Final Cut Pro for Mac v10.8」をリリース

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Apple、複数の機能強化とバグ修正を含んだ「Final Cut Pro for Mac v10.8」をリリース

本日、Appleが、「Final Cut Pro」のMac版をアップデートし、最新版のバージョン10.8をリリースしています。

今バージョンには、以下の機能強化とバグ修正が含まれています。

  • 機械学習による新しいライトとカラーの補正エフェクトを使用して、ビデオや静止画像のカラー、カラーバランス、コントラスト、およびブライトネスを自動的に向上させます。
  • Appleシリコンを搭載したMacの機種で「スローモーションをスムージング」を有効にすると、AIにより強化されたアルゴリズムを使ってすばらしいスローモーション映像を作成できます。
  • インスペクタで色補正とビデオエフェクトの名前を変更して整理することができます。
  • エフェクトをインスペクタからタイムラインまたはビューア内のほかのクリップに直接ドラッグできます。
  • タイムラインインデックスで新しいフィルタを使用すると、オーディオエフェクト、ビデオエフェクト、リタイミングの変更、見つからないメディア、または見つからないエフェクトがあるクリップを素早く特定できます。
  • リール、シーン、カメラアングル、カメラ名、カスタムメタデータ、またはエフェクト名でタイムラインインデックスを検索できます。
  • 新しい「次で始まる」と「次で終わる」検索条件を使用して、ブラウザでクリップを検索できます。
  • 逆再生中のタイムラインのスクロール動作が改善されました。

なお、同アプリの価格は45,000円ですが、既存のユーザーはMac App Store(ソフトウェアアップデート)よりアップデート可能です。

Final Cut Pro – Apple



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次