携帯契約時の本人確認はICチップの読み取りを義務化へ ー ネットなど非対面での契約はマイナンバーカードに一本化

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
携帯契約時の本人確認はICチップの読み取りを義務化へ ー ネットなど非対面での契約はマイナンバーカードに一本化

TBS NEWS DIGなどによると、携帯電話を対面で契約する際にマイナンバーカードなどのICチップを搭載したカードが必須となることが分かりました。

政府は犯罪対策閣僚会議において、携帯電話や電話転送サービスを「対面」で契約する際に、事業者に対して、マイナンバーカードなどに搭載されているICチップの読み取りを本人確認方法として義務付けることを決定したとのこと。

これは運転免許証などの本人確認書類の券面偽造による携帯電話の不正契約が相次いでいることなどを受けた措置で、今後、ICチップの読み取りアプリの開発も検討されます。

また、インターネットなどを通じた「非対面」での契約の際も、本人確認方法は原則としてマイナンバーカードに一本化する方針。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • いろいろ騒ぎになってるけど、これは早く進めてほしい
    SIMスワップ、本当に怖い
    今の政府の方針は、後出しジャンケン的なものが多いけど、それだけ政府も試行錯誤してるってことか
    でも、マイナンバーカードで反対する人はなんなのかっていつも呆れる

コメントする

目次