Insta360、4K撮影に対応した小型アクションカメラの新モデル「Insta360 GO 3S」を発売

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Insta360、4K撮影に対応した小型アクションカメラの新モデル「Insta360 GO 3S」を発売

本日、Insta360が、小型アクションカメラの新モデル「Insta360 GO 3S」を発表・発売しました。

「Insta360 GO 3S」は、同製アクションカメラ「Insta360 GO 3」のパワーアップ版で、親指サイズのコンパクトさと高い携帯性はそのままに、処理性能が50%向上した強化されたプロセッサと新しい広角レンズの搭載により、動画撮影の最大解像度が「GO 3」では2.7K/30fpsだったのに対し、「GO 3S」では4K/30fpsに向上しています。

また、最大フレームレートも1080p@120fpsから1080p@200fpsに、最大動画ビットレートも80Mbpsから120Mbpsにそれぞれ向上しており、新しいメガ広角FOVオプションにより、歪みの少ない超広視野での撮影が可能で、タイムラプスやタイムシフトは4K/30fpsでの撮影が、スローモーションは2.7K/30fpsで撮影可能です。

「GO 3S」の本体重量は39.1gと「GO 3」の35.5gから僅かに増加していますが、幅と高さは同じで(奥行きが1.6㎜増加)、引き続き2.2インチのフリップ式タッチスクリーンを備えたアクションポッドが付属しており、カメラの遠隔操作や、撮影した写真のプレビューができるほか、カメラ本体をアクションポッドに装着することで、最大140分間の連続撮影が可能になります。

Insta360、4K撮影に対応した小型アクションカメラの新モデル「Insta360 GO 3S」を発売

他にも、「GO 3S」の電源を自動的にオンにして設定した時間に録画し、その後、電源をオフにしてバッテリーを節約してくれ、撮影が完了すると自動編集により音楽に合わせてハイライトを結合し、1つの動画に仕上げてくれる「インターバル動画」や、ジェスチャー操作でのコントロール、Appleの「探す」ネットワークへの対応、「GO 3S」本体の防水性能向上(5mから10m)など、様々な面で改良が加えられています。

なお、カラーラインナップはアークティックホワイトとミッドナイトブラックの2色展開で、価格は64GBモデルが61,800円、128GBモデルが65,800円となっており、Insta360の公式オンラインストアなどで購入可能です。

Insta360 GO 3S – Insta360

GO 3SとGO 3の比較

GO 3SGO 3
最大解像度4K2.7K
最大フレームレート1080p@200fps1080p@120fps
最大動画ビットレート120Mbps80Mbps
メガ広角 FOV×
Apple 「探す」 対応×
インターバル動画×
簡単切り替え×
ジェスチャー操作×
FlowState 手ブレ補正
防水性能GO 3S:10m
アクションポッド:IPX4
GO 3:5m
アクションポッド:IPX4
重さGO 3S:39.1g
アクションポッド:96.3g
GO 3:35.5g
アクションポッド:96.3g

スペック

カラーアークティックホワイト
ミッドナイトブラック
絞りF2.8
35㎜判換算焦点距離16㎜
写真解像度4000×2250 (16:9)
2880×2880 (1:1)
3968×1472 (2.7:1)
4000×3000 (4:3)
動画解像度4K:3840×2160@24/25/30fps
2.7K:2752×1530@24/25/30/50fps
1080p:1920×1080@24/25/30/50fps
重量GO 3S:39.1g
アクションポッド:96.3g
サイズ (幅 x 高さ x 奥行き)【GO 3S】
25.6×54.4×24.8 mm

【アクションポッド】
画面格納時:63.5×47.6×29.5mm
画面展開時:63.5×86.6×29.9mm
充電方法GO 3S:アクションポッド
アクションポッド:USB-C
充電時間GO 3S:80%まで23分 / 100%まで35分
アクションポッド:80%まで47分 | 100%まで65分
連続録画時間GO 3Sカメラのみ:38分(1080p@30fps)
GO 3S:32分(4K@30fps)
GO 3S+アクションポット:140分(1080p@30fps)
GO 3S+アクションポット:122分(4K30fps)


googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • いつも、楽しみに拝見させていただいています。
    些細なことですが、一般的に、レンズのF値が大きくなったことをレンズ性能の向上とは捉えないのではないでしょうか。
    アクションカメラの特性的に、F値が1段暗くなって2.8になったからどうということはないと思いますが、公式サイトでも特に言及していませんし、メーカーとしてもそこはアピールポイントではないと思います。

    • いつも有難う御座います。
      また、ご指摘頂き有難う御座います。
      お恥ずかしながら、絞り値に関して私が勘違いをしておりましたので、当該部分は削除させて頂きました。
      今後とも宜しくお願い致します。

コメントする

目次