ロジクールの製品用アプリ「Logi Options+」、次期バージョンより「macOS Catalina」と一部の「Windows 10」のサポートを終了へ

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
ロジクールの製品用アプリ「Logi Options+」、次期バージョンより「macOS Catalina」と一部の「Windows 10」のサポートを終了へ

Logitech(日本ではロジクール)が、自社製品用ソフトウェアアプリ「Logi Options+」において、次期バージョンより「macOS Catalina」と古い「Windows 10」のサポートを終了することを案内しています。

現在リリースされているバージョン1.44.415778が「macOS Catalina」と古い「Windows 10」をサポートする最後のバージョンとなり、「Windows 10」はバージョン1803以前のバージョン(1507/1511/1607/1703/1709/1803)がサポート終了となります。

サポート対象外でも「Logi Options+」アプリを使用することは可能で、アプリは引き続き動作し、公式サイトからはサポートされている最後のバージョンがダウンロード可能であるものの、今後のアップデートは受け取れない為、将来的に発売される同社の新製品に対応しないので、OSのアップデートを推奨しています。

Logi Options+ Release Notes – Logitech
Logi Options+ ダウンロード – ロジクール

[via Neowin



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • バグが多すぎなんだよ。
    しょっちゅう暴走してる。

    あとかたくなに差分ダウンロードにしているせいで、
    プロキシの場合ダウンロードできないし。対応したと言ってたから試してみたが、やっぱ駄目だったわ。

目次