「スマートフォン連携」アプリのiPhone対応、全てのWindows 11ユーザーで利用可能に

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
「スマートフォン連携」アプリのiPhone対応、全てのWindows 11ユーザーで利用可能に

先月下旬、Microsoftが「スマートフォン連携」アプリのiPhone対応が全てのWindows 11ユーザーで利用可能になることを発表し、順次展開を開始しましたが、本日、同社が全てのユーザーで同機能が利用可能になったことを案内しています。

「スマートフォン連携」アプリのiPhone対応により、通話、メッセージ(SMS/iMessage)、連絡先などの機能との連携に対応し、Windowsの通知を通じて通知されるようになり、例えばWindows PCを利用中にiPhoneをズボンのポケットなどにしまっていても、着信を通知で知らせてくれるようになり、見落とすことがなくなります。

さらに、iCloud写真との統合により、Windows 11のフォトアプリでiPhoneの写真に簡単にアクセス出来るようにもなります。

同機能を利用するには、iOS 14以降を搭載したiPhoneとWindows 11搭載デバイス、Bluetooth接続、「スマートフォン連携」アプリの最新版が必要で、iPadおよびMacは未対応です。

なお、Microsoft Storeよりアプリがダウンロード可能です。

スマートフォン連携 – Microsoft Store


googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次