Apple、「Final Cut Pro」と「Logic Pro」のiPad版を発表

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Apple、「Final Cut Pro」と「Logic Pro」のiPad版を発表

本日、Appleが、「Final Cut Pro」と「Logic Pro」のiPad版を発表しました。

Final Cut Pro for iPad

「Final Cut Pro for iPad」はiPadのために一から再設計されたインターフェイスでタッチ操作に最適化されており、指先やApple Pencilを使って、ビデオプロジェクトを今いる場所でスピーディーに編集可能です。

映像のスクラブ再生もクリップのトリミングや微調整も自由自在に行うことが出来るジョグホイールや、Apple Pencilを使用してビデオコンテンツの上に直接描画したり書いたりすることができるライブドローイングなども搭載しています。

Logic Pro for iPad

「Logic Pro for iPad」では、ソングライティング、ビートメイキング、レコーディング、編集、ミキシングのための洗練されたツールが提供され、マルチタッチジェスチャーにより表現力豊かなソフトウェア音源をタッチ操作で演奏したり、ピンチツーズームやスワイプツースクロールで複雑なプロジェクトをナビゲートすることが可能です。

また、新しいサウンドブラウザの採用や100以上の強力な楽器とエフェクトプラグイン、ミキサー機能なども搭載し、Mac版からのプロジェクトを移動することも可能です。

対応モデルや価格など

「Final Cut Pro」はM1チップ以降を搭載したiPadに、「Logic Pro」はA12 Bionicチップ以降のiPadに対応し、「iPadOS 16.4」が必要です。

なお、5月24日よりApp Storeにて配信が開始され、価格はそれぞれ月額700円もしくは年額7,000円で、1ヶ月間の無料試用が可能となっています。

iPadのためのFinal Cut Pro – Apple
iPadのためのLogic Pro – Apple



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

目次