ソニー、エントリー機種ながらNC機能を搭載した新型ワイヤレスイヤホン「WF-C700N」を国内発表 ー 4月21日に発売へ

本日、ソニーが、ノイズキャンセリング機能を搭載した小型軽量な完全ワイヤレスヘッドホン『WF-C700N』を国内でも正式に発表しました。

『WF-C700N』は、エントリー機種ながら高性能なノイズキャンセリング機能を搭載しており、音質面では自社開発のドライバーユニットにより、小型ながら低音から高音までバランスの良い高音質を楽しむことが出来るワイヤレスイヤホンとなっています。

また、風切り音を低減する構造や外音取り込み機能、IPX4相当の防滴性能、通話時にクリアな音声を届けることができるノイズサプレッション機能、2台の機器の同時接続および機器間のシームレスな切り替えが可能となるマルチポイント接続(2023年夏に対応予定)なども特徴となっています。

バッテリー駆動時間は、付属のケースで充電することで合計約15時間の音楽再生が可能で、カラーはラベンダー、セージグリーン、ホワイト、ブラックの4色で、4月21日に発売予定です。

なお、価格はオープン価格ですが、1万8,000円前後になるとみられています。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です