KDDI、通信障害や災害時にソフトバンクの回線に切り替えて利用出来る「副回線サービス」を3月29日より提供へ

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
KDDI、通信障害や災害時にソフトバンクの回線に切り替えて利用出来る「副回線サービス」を3月29日より提供へ

本日、KDDIが、2023年3月29日から、au/UQ mobileのユーザーに、ソフトバンクの回線に切り替えて通信を利用することが出来るオプションサービス「副回線サービス」の提供を開始すると発表しました。

本オプションは、他社で別途回線を申し込みする手間なく、ワンストップの簡易な手続きで副回線を申し込めるサービスで、例えば通信障害や災害時などにおいても、緊急を要する家族や医療機関との音声通話や、日常生活に欠かせないスマートフォンでの決済サービスなどデータ通信の利用が可能になります。

本オプションは個人と法人の両方のユーザー向けに提供され、申し込み後に副回線用のSIM (eSIMまたはSIMカード) が発行され、新たな電話番号が利用可能になります。

月額使用料は429円(税込)で、国内通話料は22円/30秒(かけ放題サービス、家族割など、通話料やSMS送信料の割引は対象外)、データ容量は500MB/月(送受信最大300kbps)となります。

なお、称したは下記のニュースリリースをご覧下さい。

ニュースリリース(au)


googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • この内容だとau回線の番号をSB回線で、って訳にはいかないのかな。
    価格は良いんだけど同じ番号で使えた方が良かったなあ。

  • 通信障害起こしても、入ってない奴が悪いってなるの?

目次