Microsoft、「OneDrive」アプリでの「iOS 14」「iPadOS 14」のサポートを終了

本日、MicrosoftがiOS/iPadOS向けの「OneDrive」アプリをアップデートし、バージョン 14.1.1をリリースし、以前より案内していた通り、「iOS 14」と「iPadOS 14」のサポートを終了しました。

同社は基本的に最新バージョンと1つ前のバージョンのOSのみをサポートすることを明らかにしており、その規則に従い、今後は「iOS /iPadOS 16」と「iOS/iPadOS 15」のみのサポートとなります。

なお、サポート終了後もインストール済みのアプリは引き続き動作しますが、アップデートが受けられなくなる他、新規インストールが出来なくなる為、「iOS/iPadOS 14」で同アプリを利用している方はご注意を。

OneDrive システム要件 – Microsoft
OneDrive – App Store

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です