Microsoft、「Microsoft Edge」での「Windows Server 2012/2012 R2」のサポートを2023年10月10日まで延長

Neowinによると、Microsoftが、「Microsoft Edge」での「Windows Server 2012/2012 R2」のサポート期間を2023年10月10日まで延長することを発表しました。

これにより、「Windows Server 2012/2012 R2」を使用しているユーザーは2023年10月10日まで「Microsoft Edge」のサポートが受けられるようになり、重要なセキュリティ問題と既知のエクスプロイトに対する修正が提供されます。

ただ、「Windows Server 2012/2012 R2」をサポートする「Microsoft Edge」の最終バージョンは「Microsoft Edge 109」であることに変更はないことから、「Microsoft Edge 110」以降のアップデートが提供される訳ではなく、あくまでセキュリティパッチのみの提供となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です