Apple、「iPadOS 16.3」を正式に配信開始 − Apple ID用のセキュリティキー導入など

本日、Appleが、「iPadOS 16.3」を正式にリリースしました。

このアップデートには、以下の機能強化とバグ修正が含まれます:

  • iCloud用の高度なデータ保護により、エンドツーエンドの暗号化で保護されるiCloudデータのカテゴリが、iCloudバックアップ、メモ、写真を含む合計23種類に拡大し、クラウドでデータ漏洩が起きた場合でも情報を保護することが可能
  • Apple ID用のセキュリティキーを使用すると、新しいデバイスでの2ファクタ認証によるサインイン時に物理的なセキュリティキーがないとサインインできなくなり、アカウントのセキュリティを強化することが可能
  • HomePod(第2世代)に対応
  • フリーボードで、Apple Pencilまたは指を使って描画した筆線が共有ボードに表示されないことがある問題を修正
  • Siriがミュージックのリクエストに正しく応答しないことがある問題に対処

なお、アップデートは「設定>一般>ソフトウェアアップデート」より可能です。

Apple公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です