Anker、都内を走る日本交通のタクシーに充電ケーブルと特別ケーブルホルダーの常時設置を開始

Ankerが、本日より、都内最大手のタクシー会社「日本交通株式会社」のタクシー車両へ充電ケーブルおよび特別ケーブルホルダーの常時設置を開始すると発表しました。

都内を運行するミニバン型の「トヨタ JPN TAXI」約500台を皮切りに、2023年3月までに約4,000台の車両への展開し、その後も更に設置台数を拡大予定。

タクシーに常設されるのは、3つの異なる端子を一つのケーブルにまとめることで様々なスマホやタブレットへの充電に対応し、約12,000回もの折り曲げテストをクリアした高耐久な「Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル 0.9m」で、様々なモバイル端末に対応可能で、夜間の暗い車内でも最適な端子が見つけやすいよう、Lightning端子、USB-C端子、Micro USB端子を白と水色で色分けした製品デザインを特別に採用しています。

また、同時に設置する特別ケーブルホルダーにはマグネットを接合することで、ケーブルをスマートに着脱することが可能となっています。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。