Nothing、テスターに対し「Nothing Phone (1)」向け「Nothing OS 1.5」の新たなベータ版を配信開始

91mobilesによると、NothingがAndroid 13ベースの「Nothing OS 1.5」のベータ2をリリースしたことが分かりました。

昨日に同社CEOのカール・ペイ氏が「Nothing OS 1.5 Beta」の展開範囲を拡大したことを明らかにしていましたが、それに合わせて新たなベータ版がリリースされた模様。

ベータ2での変更点は下記の通り。

  • ミニマルなデザインの新しい壁紙の追加
  • ハンドメイドスタイルの Glyph 用着信音と通知音を追加
  • カスタマイズ可能なロック画面のショートカットの追加
  • デュアルSIM使用時に素早くデータSIMを切り替えることのできるようにクイック設定パネルを改善
  • ディスプレイのオン/オフを切り替える際のアニメーションがより滑らかに
  • ディスプレイ自動輝度モードの調節アルゴリズムを改善
  • カメラアプリのUIとアニメーションを改良
  • バッテリー駆動時間を改善
  • 「Nothing X」アプリがNothing OSで利用可能に
  • システムの安定性の向上とバグフィックス

このアップデートは、ベータ1を利用する第1陣のベータユーザーを対象にリリースされており(アップデートの容量は約127MB)、ベータ2のリリース以降に新たにベータテスターとなったユーザーにはこのバージョンが直接配信されているようです。

なお、「Nothing OS 1.5」の正式リリースは2023年初頭の予定です。

Nothing、「Nothing OS 1.5」のベータ版の展開範囲を予定より数日早く拡大

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です