Nothing、「Nothing OS 1.5」のベータ版の展開範囲を予定より数日早く拡大

本日、Nothingが先月より実施しているAndroid 13ベースの「Nothing OS 1.5」のオープンベータテストの展開範囲を拡大しました。

これは先日に同社CEOのカール・ペイ氏が明らかにしていたもので、当初の予定では現地時間1月17日より「Nothing OS 1.5」のベータ版の展開範囲が拡大される予定だったものの、予定より数日早い本日より拡大されました。

どの程度の範囲のユーザーに拡大されたのかは不明ですが、「Nothing OS 1.5」のオープンベータプログラムの参加登録はこちらから可能で、「Nothing OS 1.5」の新機能の一部が下記の通りで、下記以外にも多くの機能が追加される予定です。

  • 新しい「天気」アプリ
  • 音量調節スライダーの新しいUI
  • Bluetoothデバイスの設定を素早く変更出来るBluetoothポップアップウインドウ
  • アプリの起動時間が最大50%高速化
  • より多くのカラースキームが利用可能に
  • 多言語に対応し、アプリごとに異なる言語設定が可能に
  • クイック設定に新しいQRコードスキャナを追加
  • コピーしたテキストを貼り付ける前に編集出来るクリップボードプレビュー
  • メディアコントロールの新しいUI
  • ライブキャプション機能
  • 頻繁に使用するアプリの読み込み時間を短縮する為にバックグラウンドメモリを増加
  • ゲームモードの改善

なお、「Nothing OS 1.5」の正式リリースは2023年初頭の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。