Microsoft、次期2画面デバイス「Surface Duo 3」の計画を破棄か − 「Galaxy Z Fold」のようなデザインの折りたたみ式スマホの開発に移行との情報

(画像はSurface Duo 2)

Microsoftは次期Surface Duoこと「Surface Duo 3」を開発中と噂されてきましたが、本日、Windows CentralのZac Bowden氏が、計画に詳しい情報筋の話として、Microsoftは「Surface Duo 3」の計画を破棄し、新しいデザインの折りたたみ式スマホの開発に取り組んでいるようだと報告しています。

「Surface Duo」シリーズは2枚のディスプレイを繋げた2画面デバイスとなっており、「Surface Duo 3」も同様のデザインが採用される予定だったものの、「Surface Duo 3」の開発計画は破棄され、「Samsung Galaxy Z Fold」のような180度ヒンジ、折りたたみ式ディスプレイ、外部カバーディスプレイを備えた折りたたみ式スマホのデザインに軸足を移すことを決定した模様。

この新しい折りたたみ式スマホは、「Surface Duo 3」のデザインを既に確定した後に生まれたようで、「Surface Duo 3」はベゼルがより狭くなり、ワイヤレス充電などに対応し、2023年末に発売する予定だったようです。

新しい折りたたみ式スマホの仕様に関する詳細はまだ不明で、発売は今年の秋には間に合わず、フォームファクターの変更により、製品名も変更される可能性があるようですが、Microsoftの内部的にはまだ「Surface Duo」の第3世代と見なされているそうです。

また、他のAndroid搭載折りたたみ式スマホと差別化するために、大規模なソフトウェアの開発が社内で進行中で、この開発は「Perfect Together」と名付けられ、MicrosoftのAndroidハードウェアとWindows PCとの間でiPhoneとMacのようなエコシステム体験を提供することを目的としているようです。

さらに、MicrosoftはAndroidスマホのラインナップを拡大することに意欲的で、上述した折りたたみ式スマホだけでなく、様々なフォームファクタの製品を検討しており、既に複数の通常の形状のスマホデザインを試作していて、これらは「Surface Phone」として出荷され、折りたたみ式スマホは愛好家向けの製品として提供されることになると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です