DJI、軽量ハンドヘルドスタビライザー「DJI RS 3 Mini」を発表

本日、DJIが、軽量のハンドヘルドスタビライザー「DJI RS 3 Mini」を発表しました。

本製品は、現在市販されている主要カメラブランドの様々なミラーレスカメラやレンズを取り付けられるように設計されており、従来のRS 3シリーズと同等の優れた安定化性能を引き継ぎつつ、より小型化と軽量化を実現したモデルとなっています。

本体重量は重量は800g以下で、「DJI RS 3 Pro」と比較すると約50%、「DJI RS 3」と比較すると約40%軽くなっており、積載量は最大2kgで、パワフルなモーターにより、最大焦点距離までズームしても安定した映像を撮影でき、ジンバルのバランス調整を繰り返し行う必要がありません。

また、第3世代安定化アルゴリズム、1.4インチのカラータッチ画面を搭載し、Bluetoothシャッター操作や新設計の2層式クイックリリースプレートによる縦向き撮影にも対応しているのが特徴です。

本体側面にはNATOポートが搭載されており、DJIのブリーフケースハンドルや外付け補助ライト、マイクのような様々なアクセサリーを接続して、撮影の幅を広げることができ、内蔵されたバッテリーの駆動時間は最大10時間となっています。

なお、価格は51,480円(税込)で、公式オンラインストアや正規販売代理店などで本日より予約注文が可能です。

DJI RS 3 Mini – Amazon
DJI RS 3 Mini – 公式ストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。