Lenovo、「ThinkPad」ブランド30周年記念スマホ「ThinkPhone」を発表

本日、Lenovoが、開催中の「CES 2023」において、「ThinkPad」ブランド30周年記念の新型スマートフォン「ThinkPhone」を発表しました。

「ThinkPhone」は、「ThinkPad」シリーズと同じくブラック&レッドのカラーリングが特徴で、「ThinkPad」と併用するビジネス向けスマートフォンとして開発され、独立したセキュリティプロセッサ「Moto KeySafe」を搭載し、機密データをより強固に保護できるレイヤーを追加した高度なセキュリティ保護機能や、Windows搭載PCとの間でクリックボードの共有やPC上からのアプリ再生、ファイルの受け渡しや内蔵カメラ連携などが利用出来る「Think 2 Think connectivity powered by Ready For」の搭載が特徴となっています。

また、本体は、軽量アラミド繊維や航空機グレードのアルミニウムフレームなど耐久性の高い素材で構成され、米軍の物資調達規格「MIL-STD 810H」に準じた堅牢性も備え、防水・防塵はIP68相当となります。

現時点で公開されている主な仕様は下記の通りで、開発には同社傘下のMotorolaが強力していることから、正式名は「Lenovo ThinkPhone by Motorola」となっています。

・ディスプレイ:6.6インチ/フルHD+
・プロセッサ:Snapdragon 8+ Gen 1
・メインカメラ:2眼カメラ(片方は5000万画素)
・通信:5G / Wi-Fi 6E
・バッテリー:36時間以上(付属の充電器で最大68Wでの充電対応)

さらに、Microsoftとのパートナーシップにより,出荷時点で「Microsoft 365」「Outlook」「Teamsモバイルアプリ」などがプリインストールされ、今後数か月以内に米国,欧州,中南米,中東,オーストラリアおよびアジアの一部の国で発売される予定ですが、価格や日本での販売予定は不明です。

プレスリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。