Blackmagic Design、iPad用動画編集アプリ「DaVinci Resolve for iPad」を配信開始

本日、Blackmagic Designが、iPad用動画編集アプリ「DaVinci Resolve for iPad」の配信を開始しました。

本アプリは、Appleシリコンに最適化されたiPad向けの動画編集アプリで、編集用のカットページとカラーページの機能をサポートし、標準のDaVinci Resolveプロジェクトファイルの読み込みと作成が可能で、デスクトップ版のDaVinci Resolve 18と互換性があります。

マルチタッチテクノロジーとApple Pencilにも最適化されており、Magic Trackpad、Magic Keyboard、Smart Keyboard Folioも利用可能で、Apple Studio Display、Pro Display XDR、AirPlayディスプレイへの外部モニタリング出力も可能です。

H.264、H.265、ProRes、Blackmagic RAWのメディアファイルに対応し、iPadストレージ、写真ライブラリ、iCloudからのクリップも扱える他、USB-C経由で外付けのストレージから素材を読み込むことも可能です。

A12 Bionicチップ以降を搭載したiPadに対応しているものの、M2チップを搭載した「iPad Pro」ではUltra HD ProRes映像のレンダリングパフォーマンスが4倍高速になる他、M1チップ搭載iPad Pro 12.9インチでのHDR表示にも対応しています。

なお、iPadOS 16以降に対応しており、価格は基本無料で、アプリ内購入(15,000円)でNeural Engine機能をサポートする「DaVinci Resolve Studio」へアップデート可能です。

DaVinci Resolve for iPad

DaVinci Resolve for iPad

Blackmagic Design Inc無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。