Appleの「セルフサービス修理プログラム」、iMac/Mac Mini/Mac Studio/Studio Displayも対象に

Appleが欧米で提供している「セルフサービス修理プログラム」の対象のMacのモデルを拡大しました。

「セルフサービス修理プログラム」は、純正部品やツールを専用ストアから購入することで壊れた「iPhone」や「Mac」をユーザー自身で修理出来るサービス。

これまでMacでは「MacBook Pro」と「MacBook Air」のみ対象となっていましたが、本日より「iMac」「Mac Mini」「Mac Studio」「Studio Display」も対象となりました。

ただ、今回対象に追加された製品の部品の供給は今のところ米国のみに限定されています。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です