Twitterのどのデバイスやアプリからの投稿かを示す表記が一部ユーザーから消える − 順次廃止へ

以前にイーロン・マスクCEOが明らかにしていた通り、Twitterが、どのデバイスやアプリからツイートされたかを示す表記の廃止を開始しました。

Twitterのツイートには、ツイート日時と共にどのデバイスやアプリ(ツール)から投稿されたかを示す「Twitter for iPhone」や「Twitter Web App」「Twitter for Android」などが掲載されていましたが、現在、一部のユーザーから同表示が廃止され始めています。

一部ではまだ表示されているユーザーもいるようですが、順次廃止されるものと思われます。

なお、イーロン・マスクCEOは、同機能のことを「画面スペースと算出の無駄」と述べており、廃止する意向を明らかにしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です