Apple、「Apple Music Sing」を発表 − Apple Musicの配信曲でカラオケが可能に

本日、Appleが、ボーカルの音量を調節することができ、音節ごとにタイムリーに正確に表示される歌詞に合わせて一緒に歌うことができる新機能「Apple Music Sing」を発表しました。

「Apple Music Sing」は、リードボーカルを歌ったり、デュエットを歌ったり、バックボーカルを歌ったりできるように複数の歌詞を表示し、すべてが「Apple Music」の比類のない歌詞表示の体験に統合されており、世界中の最も歌いやすい数千万の楽曲がそろっており、楽曲数はさらに増えていく予定。

「Apple Music Sing」の主な機能は下記の通り。

  • ボーカルの音量調節:楽曲のボーカルの音量を調節できます。Apple Musicで配信されている数百万曲について、元々のアーティストのボーカルと一緒に歌うか、リードボーカルを歌うか、あるいは両方を歌うかを決めることができます。
  • 音節ごとにタイムリーに正確に表示される歌詞:好きな曲に合わせて、より正確なタイミングで歌うことができます。画面では、ボーカルのリズムに合わせて言葉が踊っているかのように、歌われている部分が正確にハイライトされます。
  • バックボーカル:同時に歌われるボーカルラインを、メインボーカルとは別にアニメーション表示させることで、ユーザーがたどりやすいように工夫されています。
  • デュエット表示:画面の両側に複数のボーカルが表示され、デュエット曲や複数のシンガーによる楽曲に合わせて歌いやすくなります。

なお、同機能は、今月後半に世界中の「Apple Music」のサブスクリプションの登録者が利用できるようになり、iPhone、iPad、最新のApple TV 4Kで楽しむことができます。

プレスリリース – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。