人気Twitterクライアントアプリ「Tweetbot」の開発元がMastodonのアプリを開発中

イーロン・マスク氏が買収した影響の混乱の中、Twitterから似たSNSの「Mastodon」に移行するユーザーが増加していますが、iPhoneなどで人気のTwitterクライアントアプリ「Tweetbot」の開発元であるTapbotsがMastodonのアプリを開発していることが分かりました。

Tapbotsは「Ivory」と呼ばれるMastodonのクライアントアプリを開発中で、開発はまだ初期の段階で、現在ベータテストを実施している最中とのこと。

まだ実装しなければいけない機能やバグの修正も沢山あり、いつ頃に正式にリリースされるのかは不明ですが、現時点では「Tweetbot」のUIにかなり近いデザインとなっており、タイムライン、@メンション、検索、プロフィール、その他オプションにアクセス可能です。

Twitterがどうなるのかは分かりませんが、iPhoneでMastodonを利用しているユーザーにとっては正式リリースが待ち遠しいアプリとなりそうです。

[via MacRumors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です