Twitterのチェックマークはゴールド・グレー・ブルーの3色に − 早ければ来週末にも認証作業を再開か

Twitterのイーロン・マスクCEOは、なりすましを阻止できるという確証が得られるまで有料サービス「Twitter Blue」の新規受付を再開しないことを明らかにしていましたが、本日、同氏がなりすまし問題の解決策を発表しました。

認証バッジことチェックマークは今後は3種類の色が用意され、企業にはゴールド、政府にはグレー、個人にはブルーのチェックマークが提供されるとのことで、全ての認証済みアカウントは手動で認証される予定。

この新たな認証制度は来週の金曜日(12月2日)に暫定的に開始する予定で、個人アカウント向けの青いチェックマークはその人物が有名人であるかどうかに関わらず同じものが付与され、個人がある組織に属しており、所属していることが確認出来た場合に、そのことを示す小さな二次的なロゴを持つことができるそうです。

これが解決策となるのかは不明ですが、同氏は詳細を来週に明らかにすると述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。