「tvOS 16.1」で「Apple TV 4K (第3世代)」の128GBモデルのストレージ容量を64GBと誤認識する問題が報告される

MacRumorsによると、「tvOS 16.1」には今月発売された「Apple TV 4K (第3世代)」の128GBモデルが64GBモデルと誤認識されるバグが存在していることが分かりました。

このバグにより、実際のストレージ容量は128GBあるにも関わらず、64GBを使用した時点でストレージ不足と判定されてしまうといった問題が発生している模様。

実際にこのバグに遭遇してしまった場合、ストレージの使用量が64GBを超えると、新しいアプリケーションをダウンロードしようとしても「十分な空き容量がない為、アプリをインストールできません。1つ以上のアプリを削除するか、設定でストレージを管理して下さい」とのメッセージが表示され、ダウンロードおよびインストールが出来ないようです。

なお、このバグは現在ベータテストが行われている「tvOS 16.2 beta 2」では修正されていないようですが、この報道を受けて何らかの修正が行われるものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。