イーロン・マスク氏、ツイートから「Twitter for iPhone」の表示機能を廃止することを明らかに

イーロン・マスク氏がTwitterのCEOに就任して以降、Twitterでは混乱状態が続いてますが、同氏が今度はどのデバイスからツイートされたかを示す機能を廃止することを明らかにしました。

Twitterのツイートにはツイート日時と共にどのデバイスやアプリ(ツール)から投稿されたかを示す「Twitter for iPhone」や「Twitter Web App」「Twitter for Android」などが記載されるようになっていますが、同氏はこの機能を廃止することを明らかにしています。

同氏は同機能のことを「画面スペースと算出の無駄」と述べています。

(Twitter for iPhoneの表記)

実際にいつ頃に廃止されるのかは不明ですが、この機能による記述はツイートする側では変更出来ない仕様となっており、ツイートがボットによるものかなどを見分けるのに役立つ面もあり、ユーザー側の判断材料の1つが無くなることになります。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。