ソフトバンク、3Gサービスを2024年1月31日で終了へ

本日、ソフトバンクが、2024年1月下旬としていた3Gサービスの終了日を2024年1月31日に決定したことを発表しました。

3G専用サービスを契約中のユーザーが3Gサービスの終了後も引き続き利用するには、4Gや5Gに対応した料金プランや機種への変更が必要となります。

ソフトバンクでは、3Gサービスの提供を2002年12月に開始しましたが、現在はより高速で高品質な4Gや5Gのサービスが普及しており、3Gサービスの終了により、電波の有効利用を進め、より安定した品質による快適な通信サービスを提供することで、ユーザーの満足度の向上を目指していくことを明らかにしています。

なお、対象のユーザーには、3Gサービス終了の詳細と併せて、機種変更時に利用出来る特典を個別に案内するとのこと。

ニュースリリース

3 COMMENTS

匿名

仕方ないのだろうけど山間部は厳しいんだよね
ドコモだけど未だに国道ですら3Gや圏外があるし
今後は衛星の緊急回線でカバーとかになるのかな

返信する
匿名

衛星の回線はかなり料金割高で巨大アンテナと数十Wの電力がいるので、携帯電話補完にはならないでしょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。