DJI、「Mavic 3」から望遠カメラ省いた新型ドローン「Mavic 3 Classic」を発表

本日、DJIが、新型ドローン「Mavic 3 Classic」を発表しました。

「Mavic 3 Classic」は、Hasselbladカメラとパワフルな飛行性能という「Mavic 3」シリーズの特徴を引き継ぎながら必要な機能を厳選し、求めやすい価格となったドローンで、「Mavic 3」シリーズ同様、4/3型CMOS Hasselbladカメラ、最大飛行時間46分、O3+伝送システムに対応しているものの、望遠カメラが省かれています。

4/3型CMOS Hasselbladカメラは、動画撮影ではH.264とH.265コーデックでの5.1K/50fps、4K/60fps、1080p/60fps動画撮影に対応し、スローモーション撮影では4K/120fpsと1080p/200fps撮影が可能で、焦点距離24 mm(35mm判換算)のカメラレンズはf/2.8〜f/11の絞り調整ができ、12.8ストップのネイティブ ダイナミックレンジに対応しています。

また、他の「Mavic 3」シリーズと同じバッテリーを使用し、最大飛行時間46分を実現しており、O3+伝送システムにより、最大15 km(日本国内は8km)先まで1080p/60fps動画を伝送することができ、撮影や飛行操作の精度が向上しています。

さらに、複数のビジョンセンサーを使って被写体を認識、機体とカメラを動かしフレームに被写体を捉え続けるActiveTrack 5.0や、8個のビジョンセンサーが全方向の障害物を検知し、APAS 5.0システムでその情報を活用し、障害物を回避する飛行ルートを計画することも可能となっています。

既発の送信機DJI RC ProやDJI RC、DJI RC-N1と互換性があり、価格は単体が216,700円で、充電器とDJI RC-N1送信機のセットモデルが229,240円、充電器とDJI RC送信機のセットモデルが252,670円などとなります。

Mavic 3 Classic – DJI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。