Nothing、「Phone (1)」向けに最新アップデート「Nothing OS 1.1.6」を配信開始 − Google AR Core対応やGlyph Interfaceの改良など

Nothingが、同社のスマホ「Nothing Phone (1)」向けに最新のOSアップデート「Nothing OS 1.1.6」をリリースしたことを案内しています。

「Nothing OS 1.1.6」では、「Phone (1)」が拡張現実アプリに対応し、Google AR Coreを使用した拡張現実体験をサポートするようになった他、Glyph Interfaceがこれまで以上に滑らかに表示され、充電ランプと効果音の同期の正確さも向上します。

また、HDR コンテンツがさらに鮮やかに、臨場感のある美しさでディスプレイに表示されるようになったり、ランチャーのスムーズな使い心地がさらに向上し、再コーディングによってパフォーマンスの滑らかさが最適化された他、安定性が向上し、より鮮明なビデオ撮影を実現し、録画中は常に表示ランプが点灯するようにななりました。

他にも、一般的なバグの修正も行われています。

なお、アップデートは「設定>システムアップデート」より可能です。

ニュースリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。