Apple、「Swift Playgrounds 4.2」をリリース

本日、Appleが「Swift Playgrounds 4.2」をリリースしました。

「Swift Playgrounds」は、iOSアプリ・macOSアプリを作成するためのプログラミング言語であるSwiftをインタラクティブに学ぶことができるアプリとなっており、「Swift Playgrounds 4」からはiPadでSwiftUIを使ってiPhoneやiPadのアプリを作ることができ、完成したアプリをApp Storeにアップロード可能となっています。

本日リリースされた「Swift Playgrounds 4.2」には、コードエディタの機能強化と新しい付属のレッスンが含まれています。

コードエディタ

  • カスタマイズ可能なツールバーにより、よく使う項目に素早くアクセスできます
  • “Appのプレビュー”タブで、複数のプレビューを簡単に切り替えることができます

付属のレッスン

  • “機械学習を始めよう”では、Appでイメージがどのように認識されるかを把握できます
  • “ビューを配置する”では、Appのインターフェイスを配置する方法を学ぶことができます

なお、価格は無料で、各種App Storeよりダウンロードおよびアップデート可能です。

Swift Playgrounds – Apple
Swift Playgrounds – Mac App Store
Swift Playgrounds – iPad App Store

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。