ソニー、「LinkBuds」と「LinkBuds S」にマルチポイント接続機能を提供へ − 「LinkBuds S」の新色「アースブルー」も発表

本日、ソニーが、ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」と「LinkBuds S」向けに2台の機器と同時に接続する「マルチポイント接続」機能を提供することを発表しました。

マルチポイント接続機能は来月までにリリースされるソフトウェアアップデートで有効化される予定で、PCで音楽を再生中にスマートフォンに電話がかかってきた場合、接続を切り替えることなく、自動的にスマートフォンに切り替えてハンズフリー通話を行うことが可能となります。

また、「Link Buds S」の新カラーモデルである「Earth Blue (アースブルー)」も発表され、本体とケースの一部には水筒のリサイクル素材を使用しており、世界に1つだけのマーブル模様が特徴で、米国では今月末より販売が開始されます。

「Link Buds S」のカラーラインナップは、ホワイト、ブラック、エクリュの3色だった為、4色展開となりますが、日本での同カラーモデルの発売時期は不明です。

さらに、「LinkBuds」のMicrosoft Teams認定モデルである「LinkBuds UC for Microsoft Teams」も発表され、タップ操作などでMicrosoft Teamsの各種操作が可能となっており、249.99ドルで今冬に発売予定です。

LinkBuds S – ソニー
LinkBuds – ソニー

追記(2022年11月26日10時30分)

その後、国内でも正式に発表されましたので、詳細は下記エントリをご覧下さい。

ソニー、「LinkBuds」シリーズと「WF-1000XM4」のマルチポイント接続対応を国内でも発表 ソニー、「LinkBuds S」の新色「アースブルー」を国内で11月4日に発売へ − 「LinkBuds」のTeams認定モデルも

2 COMMENTS

taisy0

情報有難う御座います。
「WF-1000XM4」は私が見落としておりました(汗)
国内でも正式発表されましたので、別記事で公開させて頂いております。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。