YouTube、新デザインと複数の新機能を発表 − 動画をピンチ操作でズーム可能に

本日、YouTubeが、新しいデザインや複数の新機能の導入を発表しました。

まずデザイン面では、ダイナミックカラーサンプリングにより、アプリの背景色が映像に合わせて変化する「アンビエントモード」が導入され、この機能はWeb版とモバイルアプリのダークテーマで利用可能です。

また、ダークテーマもアップデートされ、より暗い色になり、ディスプレイ上で色彩がより鮮やかになるとのことで、Web版、モバイルアプリ、スマートテレビで利用可能となります。

さらに、プレイリストも刷新され、各プレイリストに詳細が表示されるようになる他、プレイリスト表示の背景色も「アンビエントモード」が適用され、映像に合わせたカラーが変化します。

新機能

新機能としては、ピンチ操作で再生中の動画を拡大表示出来る機能に対応し、これによりiOSやAndroidのスマートフォンで動画を簡単に拡大・縮小できるようになり、ピンチ操作後に手放すと、動画は拡大されたままになるので、他の部分をより詳しく見ることが出来ます。

また、シークバーが改善され、より確実な場所にジャンプできる「Precise Seeking (的確シーク)」機能も導入されます。シーク中に上にドラッグまたはスワイプするとサムネイルが表示され、各動画の正確な部分にアクセスすることが可能となります。

他にも、動画の再生中に二本指ダブルタップでチャプターをスキップできる新たなジェスチャー機能や動画内で頻繁に再生されている箇所を示すグラフも追加されます。

なお、これらの新デザインや新機能は今後数週間かけて順次展開される予定です。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。