開発者向けに配信されている「iOS 15.7.1 RC」でFace IDが機能しなくなる不具合が報告される

先日、Appleが開発者に対して「iOS 15.7.1 RC」をリリースしましたが、MacRumorsによると、その「iOS 15.7.1 RC」を利用する一部のユーザーからFace IDが動作しなくなる不具合が報告されていることが分かりました。

また、問題に遭遇したユーザーがFace IDをリセットしようとすると、エラーが表示され、完全に機能しなくなってしまうようです。

なお、影響を受けているデバイスは「iPhone 13 Pro」と「iPhone 12 Pro」ですが、他のモデルでも発生している可能性があるとのこと。

現在のところ原因などは不明で、Appleがこの問題を認識しているかどうかも分かりませんが、「iOS 15.7.1」は「iOS 16.1」や「iPadOS 16.1」と共に10月25日に正式にリリースされることが予想される為、それまでに修正されれば良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。