Appleの「Fitness+」、10月24日からApple Watchなしで利用可能に

本日、Appleが、現地時間の10月24日より定額制フィットネスサービスの「Fitness+」がApple Watchを持っていなくてもiPhoneで加入して楽しめるようになることを発表しました。

「iOS 16.1」では「Fitness+」は「Fitness」アプリと完全に統合され、サービスを提供している21ヶ国全てで利用可能になるとのこと。

これまで「Fitness+」を利用するにはApple Watchが必要でしたが、今後はApple Watchを持っていないユーザーでもiPhoneだけで利用可能になります。

なお、「Fitness+」は月額9.99ドルで利用可能で、現在はオーストラリア、オーストリア、ブラジル、カナダ、コロンビア、フランス、ドイツ、インドネシア、アイルランド、イタリア、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ポルトガル、ロシア、サウジアラビア、スペイン、スイス、アラブ首長国連邦、英国、米国で提供されており、日本では利用出来ません。

プレスリリース(英語) – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。