「iPad Pro」への有機ELディスプレイ採用はやはり2024年か − 著名アナリストが予測

ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)のアナリストであるRoss Young氏が、「iPad Pro」への有機ELディスプレイの採用は2024年になることを予測しています。

同氏曰く、有機ELディスプレイを採用した「iPad Pro」は2024年に投入される見込みで、11インチと12.9インチの両モデルに採用されるとのこと。

なお、「iPad Pro」への有機ELディスプレイの採用時期は、これまでに何度か”2024年”と報じられており、ディスプレイのサプライチェーンなどではそれに向けて水面下で動いているものと予想されます。

Apple、有機ELディスプレイを搭載した「iPad」を2024年に発売へ 「iPad Pro」シリーズへの有機ELディスプレイ採用はやはり2024年か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。