「watchOS 9.1」では「Apple Music」の音楽を充電中でなくてもダウンロード可能に − 一部モデルでワークアウト時のバッテリー駆動時間の改善も

本日、Appleが開発者向けに「watchOS 9.1 RC」をリリースしましたが、9To5Macによると、「watchOS 9.1 RC」では「Apple Watch」を充電中でなくても「Apple Music」のミュージックをWi-Fiまたはモバイル通信経由でダウンロード可能になったことが分かりました。

現在、「Apple Watch」に「Apple Music」のミュージックをダウンロードする場合、「Apple Watch」を充電中およびWi-Fi接続が必要となっていますが、「watchOS 9.1 RC」では充電していなくてもダウンロード可能となった他、Wi-Fiだけでなく、モバイル通信を利用してダウンロードすることが可能となっています。

また他にも、心拍数やGPSの読み取り頻度を減らすことで、「Apple Watch SE2」「Apple Watch Series 8」「Apple Watch Ultra」で屋外でのウォーキング、ランニング、ハイキングのワークアウト利用時のバッテリー駆動時間を延長することが可能となる他、スマートホームアクセサリーの新規格「Matter」のサポートも追加されます。

なお、「watchOS 9.1」は10月25日に正式にリリースされるものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。