「Chromecast with Google TV (4K)」向けに「Android TV OS 12」へのアップデートが配信開始

Android Policeなどによると、本日、Googleが「Chromecast with Google TV (4K)」向けに「Android TV OS 12」へのアップデートを含む大型アップデートをリリースしたことが分かりました。

「Chromecast with Google TV (4K)」は発売以降「Android TV OS 10」が動作してきましたが、本日のアップデートにより「Android TV OS 12」にアップグレードされます。

アップデートの容量は722MBで、ビルド番号は「STTE.220621.019.A2.9082754」となっており、アップデート内容は下記の通り。

  • Android TV OSが10から12にアップグレード
  • HDRフォーマットとサラウンドサウンドをコントロールできる新しいユーザー設定追加
  • マッチコンテンツフレームレートによりリフレッシュレートの切り替えが可能に
  • カメラとマイクの新しいプライバシー設定により、全てのアプリでカメラ/マイクへのアクセスを有効または無効化することが可能に
  • セキュリティとプライバシーの向上
  • Androidセキュリティパッチレベルを2022年7月に更新
  • その他のバグ修正とパフォーマンスの改善

なお、アップデートは「設定>システム>概要>システム アップデート」より可能ですが、順次展開開始のようで、アップデートがまだの方は少し時間を置いてから再度確認することをお勧めします。

Chromecast のファームウェア バージョンとリリースノート – Google
Chromecast のアップデート – Google

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。