Apple、「iPad」の新しいデータ通信プランのアクティベートに「Apple SIM」が利用出来なくなったことを案内

MacRumorsによると、Appleが、2022年10月1日から「Apple SIM」を使って「iPad」で新しいモバイルデータ通信プランをアクティベーションすることはできなくなったことを案内していることが分かりました。

Appleは「Wi-Fi + Cellular モデルの iPad でモバイルデータ通信サービスを設定する」のサポートドキュメントを更新してこのことを案内しており、Apple SIMは2014年にiPadのユーザーが世界中の複数の通信事業者のデータプランをアクティベート出来るように設計されたもので、当初は物理的なSIMカードでしたが、その後のモデルでは本体に内蔵する形で搭載されていました。

物理的なApple SIMカードが付属していたモデルは下記の通り。

・iPad Air 2
・iPad mini 3
・iPad mini 4
・第1世代12.9インチiPad Pro
・iPad 5
・iPad 6

また、Apple SIMが内蔵されたモデルは下記の通り。

・9.7インチiPad Pro
・10.5インチiPad Pro
・第2世代12.9インチiPad Pro

なお、今後、iPadでモバイルデータ通信プランをアクティベーションする方法の詳細は、各通信事業者に問い合わせることを推奨しています。

Wi-Fi + Cellular モデルの iPad でモバイルデータ通信サービスを設定する – Apple

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。