【iOS 16.1 beta】アプリをインストール後にアプリ内コンテンツをバックグラウンドで自動ダウンロードするオプション追加

MacRumorsによると、昨日に開発者向けにリリースされた「iOS 16.1 beta 3」では、App Storeの「自動ダウンロード」の設定項目に新たに「App内コンテンツ」のオプションが追加されていることが分かりました。

現在、同設定項目には他のデバイスで購入した無料および有料アプリを自動でダウンロードする「Appダウンロード」と、アプリの新しいアップデートを自動的にダウンロードする「Appのアップデート」の2つが用意されています。

「iOS 16.1 beta 3」で新たに追加された「App内コンテンツ」は、アプリを最初に起動する前に自動的にバックグラウンドで実行してコンテンツをダウンロードするかどうかを設定することが可能で、ユーザーが初めてアプリを開く際に別途コンテンツのダウンロードを待つ必要がなく、すぐに使用することが可能になります。

なお、「iOS 16.1 beta 3」での他の変更点は下記エントリをご覧下さい。

「iOS 16.1 beta 3」の新機能・変更点のまとめ

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。