シリーズ史上最もタフな「Apple Watch Ultra」のダメージテスト映像公開

ダメージテストでお馴染みのYouTubeチャンネル「TechRax」が、Appleが最も屈強で万能な「Apple Watch」と謳う「Apple Watch Ultra」のダメージテスト映像を公開しました。

「Apple Watch Ultra」はケースに軽さ、強さ、耐食性のバランスが完璧なチタニウムを採用し、ディスプレイのフラットサファイアクリスタルを囲むように突起したデザインがエッジへの衝撃から守る設計となっており、米国国防総省の調達基準「MIL-STD 810H」をクリアしています。

テスト結果は…

まずは約4フィート(約1.2m)の高さから落下させるテストでは、チタン製ケースにいくつかの小さな凹みが出来たものの、ほぼ無傷といった結果に。

次に、「Apple Watch Ultra」を釘やネジが入った入れ物の中に入れて振り混ぜるテストが実施されますが、こちらでもほぼ無傷で、目に見えるような傷はつきませんでした。

最後は、ディスプレイ側をハンマーで叩くテストですが、数回軽く叩いただけでは傷は付かないものの、強く何度も叩くと最終的にはガラスが割れてしまう結果となりました。ただ、「Apple Watch Ultra」のガラスが割れるよりも先にテーブル側が凹んでしまっており、その強度が伺えます。

これらテストは非現実的なテストの為、実際の使用環境と異なり、ハンマーで叩かれるほどの衝撃が何度も加わることもほぼないと思うので、余程のことがない限り「Apple Watch Ultra」の強度を心配する必要はなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。