「Windows 11 2022 Update (22H2)」でNvidia製グラフィックカードのパフォーマンス低下問題が発生 − 修正ドライバーのベータ版公開

先日、「Windows 11」向けの最新の機能アップデート「Windows 11 2022 Update (バージョン 22H2)」が正式にリリースされましたが、Windows Latestによると、本アップデートを適用した一部のユーザーから様々な問題が報告されていることが分かりました。

その問題とは、Nvidiaのグラフィックカードに関する問題や、BSOD(Blue Screen of Death)になる問題などで、Nvidiaの問題はFPSが低下したままになり、同時にオーディオにも影響が出るといったもので、「Call of Duty」などのゲームで影響が出ており、「Windows 11 22H2」をアンインストールすると解消する模様。

ただ、この問題は正式リリースよりも前のInsider Programでのプレビュー段階で既に報告されていたもので、Microsoft側が見逃したのか、放置された可能性があります。

なお、上記のNvidiaのパフォーマンス関連の問題は、その後、MicrosoftとNvidiaがこの問題に対して協力して調査を行い、Nvidiaが問題を修正するベータ版ドライバーが公開されており、もし問題に遭遇している方はこちらからダウンロードして適用することで解決するかもしれません。

BSODが発生

一部ではBSODが発生する問題も報告されており、もしこの問題に遭遇した場合は、設定の回復機能を利用して機能アップデートをアンインストールすることで解決可能です。

Microsoft、「Windows 11 2022 Update (バージョン 22H2)」を正式にリリース

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。