Microsoft、「Windows 10 バージョン 22H2」を来月に正式にリリースへ

Microsoftが、「Windows 10」向けの次期機能アップデート「Windows 10 バージョン 22H2」を10月にリリースすることを発表しました。https://taisy0.com/wp-admin/post.php?post=162458&action=edit#

これは昨日に正式リリースされた「Windows 11 2022 Update (バージョン 22H2)」に関する記事の中で明らかにされたもので、「Windows 11」の対象外デバイスを利用しているユーザーにとっては「Windows 10」が最適な環境で、「Windows 10」は2025年10月14日までサービスを提供予定で、次期機能アップデートである「バージョン 22H2」が来月に正式にリリースされるとのこと。

「Windows 10 バージョン 22H2」の詳細は不明ですが、アップグレードは「イネーブルメント パッケージ」と呼ばれる小さな更新プログラムで、無効化されている機能を活性化するだけで、短時間で済むアップデートになるとみられています。

[via Neowin

Microsoft、「Windows 11 2022 Update (バージョン 22H2)」を正式にリリース

<iPhone 14 シリーズの予約はこちら>

AppleNTTドコモ ソフトバンク au 楽天モバイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。